Monthly Archives: 3月 2014

「花子とアン」始まりました!

とうとう始まりました。「花子とアン」

冒頭にプリンス・エドワード島の風景、しかもグリーン・ゲイブルズからアンが走り出てくるなんて、とても感動的なシーンでした。ブルーのドレスを着たアンが恋人の小径を歩き、輝く湖水にたたずむ映像。粋な演出ですね。プリンス・エドワード島を愛する人間として、これほど嬉しいことはなかったです。

三輪さんの語りもナイスです。愛情たっぷり。 これから毎朝楽しみにしてます!

モンゴメリと花子と赤毛のアン展始まる

甲府の岡島百貨店で3月27日から「モンゴメリと花子と赤毛のアン展」が始まりました!「赤毛のアン」の作者モンゴメリや村岡花子の遺品の数々、秘蔵の手紙など、目にすることができない貴重な展示品がやってきています。今後は、5月に名古屋高島屋、日本橋三越へ、そして全国へと回って行きます。

いよいよ3月31日から、ドラマ「花子とアン」が始まります。 花子の出身地、甲府から始まった百貨店展示会も、ドラマの進行に合わせて魅力をぐんぐんと日本全国にに広げていくことでしょう!

ぜひ、お近くの町に展示会がやってきたら見に行ってくださいね。__ 4 (5) __ 2 (5) __ 3 (5)

 

訂正です。3月30日の再放送ありません。

プリンス・エドワード島州政府観光局です。

BSジャパン地球ゆうゆう紀行 プリンス・エドワード島の放送の再放送が3月30日に予定されていると、昨日ブログをアップしましたが、今回は再放送はないと訂正をいただきました。

情報が錯綜しまして申し訳ありませんでした。ここにお詫びいたします。またテレビ情報が入りましたらアップさせていただきます。

 

 

P.E.Iの日本食

こちらには「3月はライオンのように始まって、子羊のように去っていく(March comes in like a lion and goes out like a lamb)」ということわざがあります。3月の始めはまだ天候が不安定で荒れる日もあるけど、月の終わりには春が近付いて穏やかになっていくという意味だそうです。しかし、今年の3月に限ってはライオンのように去っていくことになりそうです。3月26日午前9時現在、外は非常に穏やかに見えますが、実は刻一刻とブリザードが近付いているのです。まさに「嵐の前の静けさ」の見本のような穏やかさです。ところが今日の午後から夜にかけて30-40センチ!の積雪とものすごい強風の注意報が出ています。ブリザードという響きからしてすごそうです。日本の春休みに相当するMarch Breakが終わったばかりなのに、また休校となりました。公務員もお休みでうらやましいです。。。昨日ランチタイムに地元のスーパーに買い出しに行ったところ、平日の昼間とは思えないほどの混雑でした。皆考えることは同じですね。ただただ停電にならないことを願うばかりですが、万が一の為におむすびを作っておこうと思います。

ところで、お客様から日本食が恋しくないですかとよく聞かれますが、P.E.Iの日本食事情はここ数年で驚くほどに良くなりました。昔はお隣の州のHalifaxに行くと、うどん、餃子の皮、みそ、納豆など買い溜めしていましたが、最近は中国からの移民が増えたこともあり、アジア系の食材の入手がとっても楽になりました。大きなスーパーでは大根、もやし、青梗菜、しいたけ、豆腐など問題なく手にはいるようになりました。中には「これは?!」と思うちょっと不思議な日本食もありますが、それはそれでおもしろいです。日本食レストランだけではなく、タイレストランも増えてきて、アイランダーの味覚も変わったなあ。。。としみじみ思う今日この頃です。

シャーロットタウンのダウンタウンには日本食を出すレストランが3件ほどあります。未だになれないのは、オーダーするとお味噌汁が先に出てくることです。お酒と一緒に出てくることもしばしば。。。こちらでは前菜のスープとしての感覚なのでしょうが、違和感ありすぎます。

3月27日追記です。予報が見事にあたり一晩中ブリザードが暴れまわっていましたが、今日は台風一過の晴天です。シャーロットタウンから除雪が始まりましたが、郊外は全く追いつかず大変そうです。強風で雪が舞って視界が悪いこともあり、今日1日は緊急事態ではない限り運転を控えるよう警察が警告しています。外で写真を撮影していてふと思いましたが、当社のオフィスのあるデルタホテルは20年以上前から日本の国旗を真ん中に掲げてくれています。嬉しいですね。

IMG_5383

 

 

カフェでのんびり

だいぶ日差しが春らしくなってきましたプリンスエドワード島です。今週はまたストームが来るらしいのですが、これを最後にしてもらいたいものです。。。来週は4月ですし!ついつい春気分に誘われて、この週末、氷の状態を見に北海岸にドライブしてきました。

内湾の中はまだまだしっかり凍っていましたが、外海(というかセントローレンス「湾」ですが。)は氷も割れ、灯台の向こうにすこ~し青い青い海が見えていました。

20140323_144321997_iOS 20140323_144910792_iOS

来週から4月ということで、そろそろ忙しいシーズンもじわじわと近づいてきています。あと一週間で日本ではNHKの朝ドラ『花子とアン』が始まりますので、英気を養おうっ!ということで、スタッフでランチ&お茶をしてきました。兼業主婦やら、冬の専門コースをとっている学生やら、日本に交代で帰っているスタッフ多数で、全員集まることはもう至難の業ですが、日本語でお喋りしたーいと女子会に集まったのは5人。

今回はTerra Rougeというおしゃれなカフェレストランで。美味しいランチの上に、デザートは別腹、みんなで分けるならと頼んだのが二種。

photo 1 photo 2

結構なボリュームで大満足。左のジェラート三種はこんなに多いと思わなくって、びっくり(^_^;)。。。一人でこれを食べきれる人がいるんだろうかとみんなで唖然としました。

最近シャーロットタウンにはカフェがずいぶん増えて、どこにしようか迷うくらい。今回ご紹介のTerra Rouge以外にも、Casa MiaLeonhardsBeanzTimothy’sYoung Folk and the Kettle Black(名前が長くて覚えきれない^^;)、Handan’s、まだあったかしらん。。。ティム・ホートンズやスターバックスもいいけれど、時にはのんびりまったりお茶かコーヒーにお洒落なデザートもいいですよね♪

3月23日 BSジャパン見てください!

そろそろ、NHKの朝ドラの番組宣伝も始まってきましたね。吉高由里子さんかわいらしいし、わくわくです!

さて、さて、プリンス・エドワード島の美しい風景が見られる旅番組が3月23日に放送になります。

BSジャパン「地球ゆうゆう紀行」3月23日 午前9時~(一時間番組)

「赤毛のアンの島 プリンス・エドワード・アイランド」

http://www.bs-j.co.jp/program/detail/19677_201403230900.html

ぜひ、見てください!

 

雨氷

とても暖かい週末でしたが月曜日からマイナス20度に逆戻りし、大量にとけた雪が鏡のように凍っています。車から降りる際につい油断して、まるでコメディ映画のように見事に転んで腰を打ってしまいました。こんな陽気が繰り返されながら春に近づいていくのでしょうね。。。

冬の生活で困ることは?とよく聞かれますが、住民にとっては冬の不便さも生活の一部です。あえて言うならば凍結防止の為に道路にまいている塩が靴についてなかなか取れないことが、今一番困っていることでしょうか。でもこの不便さを補って余りあるのが、冬の景色の素晴らしさなのです。

先週のことですが、Freezing Rain(雨氷)が降った翌朝のP.E.Iは何もかもが耀いていました。木々に降った雨がそのまま凍り、晴れ渡った青空に映えてそれはそれはきれいだったのです。オフィスから近いビクトリア・パークに行くと森全体がきらきらしていて、アイランダーはもちろんP.E.Iの有名な写真家や観光局の人も熱心に撮影していました。

IMG_5073

一冬過ごしてもこのような景色を見る機会は少ないので、冬が終わる前に見られて幸運でした。電線に氷が付いて停電の原因になったり、木や枝が折れたりと、きれいきれいと喜んでばかりもいられませんが、こんな日はどんなに寒くてもカメラを持って外出してしまいます。春夏秋冬、それぞれの景色が楽しめるP.E.Iは、四季を愛でる日本人の情緒にぴったりです。日本からはさておき、カナダ国内の都市からも遠いですが、皆さんには是非いろいろな季節にお越し頂きたいです。海が凍ると表情ががらっと変わるので、ビクトリアパーク(下記の写真)も3月と8月では大違いですよ。風景写真の撮影がお好きな方にもP.E.Iはお勧めです。何日滞在しても飽きないこと請合います!

IMG_5143IMG_2178

ミュージカル「ANNE of GREEN GABLES – THE MUSICAL™」がギネスブックに登録!

シャーロットタウン(PEI)で毎年夏に公演されている『赤毛のアン』のミュージカル。
2014年3月、今年で初演から50年を迎えるミュージカル「ANNE of GREEN GABLES – THE MUSICAL™」が「世界で最も長く、同じ劇場で公演が続いているミュージカル」としてギネスブックに登録されました!!ますますアンの表情と歌声に魅了されそうです♪

http://www.theglobeandmail.com/arts/arts-video/how-anne-of-green-gdbles-the-musical-won-a-guinness-world-record/article17517590/

セント・パトリックス・デー

3月も半ばというのに体感気温マイナス二桁の毎日が続いています。。。今朝の体感気温はマイナス23度!日中は気温はマイナス8度までは上がったものの、体感気温はマイナス16でした(T_T) そんな中、久々にツアーにいらしたお客様があり、きっととぉーっても寒かっただろうなぁとオフィスにこもっておりました。でもとっても気持ちのよい快晴っ!でしたので、ツアーはお楽しみいただけたようですよ。

さて今日はセント・パトリックス・デー。アイルランドの聖人の祭日ですので、アイルランドでは祝日、アイルランド人の多いところではパレードがあったりするようですね。プリンスエドワード島もアイルランド系の方々はとっても多いので、町中ではあちこち緑のシャムロックを飾ったり、緑色の服を来た人をたくさん見かけます。近所のベーカリーに行ったら、ものすごい緑のデコレーションのケーキを売っていました!

StPat_Cake StPat_Cupcakes

唖然(^_^;)としか言いようがありませんが、何でもケーキを作る(食べる)口実ですよね。

そして、夜はっ!アイリッシュパブが大賑わいになります。緑色のビールを出すところもありますよ。アイルランド人たちはとにかく飲むのが大好き♪ アイルランド人じゃなくっても飲む口実で、緑の服を着てアイリッシュパブに繰り出しましょう~♪

シャーロットタウンの代表的なアイリッシュパブでは、オールドダブリンパブオールドトライアングルなどがあります。またオーナーさんがアイルランド人な地ビールのパブ、ガハンハウスも忘れてはなりません。さあ今夜はどこに飲みに行こうかな~♪ ・・・でも寒すぎてビール気分になれないのですが。。。(T_T)

日本ご出発前に。。。

気が付けば今日は3月11日。3年前の震災直後から赤十字をはじめとして多くのアイランダーが日本のために手を差し伸べてくれました。日本のために特別の祈祷会をしてくれた教会もありました。個人的なことですが3年前の今日はたまたま日本滞在中で、P.E.Iの友人や知人からの安否を気遣うメールがとてもありがたかったです。オフィスに戻ってきたらこんな大きな折鶴が待っていました。

CIMG5423

海外旅行中に不慣れな環境で不測のことが起こった場合、大変不安なことと思います。ツアー会社勤務の立場としても、やはり海外旅行保険加入をお勧めします。保険には加入したけれど、購入したサービスの内容をご存知ない方も多いですし、クレジットカードについているから大丈夫という方もいらっしゃいます。実際に現地で何か起こってからでは保険内容の確認も大変だと思いますので、日本を出発する前に再確認なさって下さいね。

今回は旅行中の方が、P.E.Iで病気や怪我をされた場合についてご案内したいと思います。

まず大きな事故の場合はアメリカ同様911へ電話をして下さい。できれば近くにいる現地の方にかけてもらうのがベストです。救急車も911で呼ぶことができますが、カナダの救急車は有料です。非居住者の場合Charlottetown市内でも少なくても600ドルの請求がありますので、緊急時のみご利用下さい。

ご自身で病院にいく場合、Queen Elizabeth Hospital (いわゆる総合病院)の緊急診療か、Walk in Clinicと呼ばれるクリニックの選択肢があります。Queen Elizabeth Hospitalはダウンタウンからは車で10分ほどのことろにあり緊急診療は24時間ですが、非居住者は初診料で600ドル以上かかります。また緊急を要する人の診療が優先されますので、場合によっては何時間も待つことになります。最近はHPで予定待ち時間が確認できるようになりました。(あくまでも目安です)

風邪や膀胱炎(旅行中の方で膀胱炎にかかる方多いです)などの場合はクリニックで診療してもらう方がお勧めです。こちらの初診料は70ドル前後です。Charlottetownエリアには予約なしで診療をしてくれるWalk in Clinicが数件あります。だいたい診療開始時間の1時間から30分前に登録を始めるのですが、風邪が流行している時などは登録時で満員になることもありますので、事前に診察時間を確認してから行ってください。こちらは登録順に診察してくれます。電話での予約は出来ません。Walk in Clinicの診察時間はこちらのHPで確認できます。

海外旅行保険に加入していても診察費は現地で支払う必要がありますので、診察時には必ず保険証書を持参して医師に必要事項を記入してもらって下さい。救急車を利用した場合は請求書が発行されるまでに1ヵ月ほどかかる為、クレジットカードなどが必要になります。病院までの交通手段も保険の対象になる場合がありますので、必ず交通機関のレシートを保管して下さいね。緊急時にお金の話はいやなものですが、前もって知っておけば不安もやわらぐと思います。薬を服用中だったり薬や食品にアレルギーのある方は英語で書いたものを保険証書かパスポートに挟んでおくと便利です。以上、安心してP.E.Iのでの滞在を楽しんで頂くためのご案内でした。海外旅行中は安全と安心が第一です :>

最後に、最近のP.E.Iの様子をご紹介します。

IMGP0034

旅行パンフレットやガイドブックなどで必ず見かけるフレンチリバー。シーズン中は色鮮やかですが、まだ真っ白な雪に覆われて青空とのコントラストがきれいでした。皆さんがお越しになるのをじっと待っています!