ロブスター漁

急に緑が濃くなって、春の遅れを取り戻すかのようにいろいろな花が咲き始めています。アンがはじめてプリンスエドワード島にやってきた時もこんな風景が広がっていたのでしょうね。この島で春を迎えるのも20回を過ぎようとしてますが、長い冬の後の新緑は何にも増してきれいです。

話は代わって、先日ロブスター漁に連れて行ってもらいました。ツアー用のロブスター漁デモンストレーションをするボートにのったことはありますが、実際の漁船のるのは初めてです。朝4時半に港を出て、再び港に戻ってきたのは午後2時を過ぎていました。。。漁期は2ヶ月間だけとはいえ、これを週6日(日曜日はお休み)するとは、大変なお仕事です。

IMG_6353

船上ではロブスタートラップを引きあげて、鯖などのえさを入れて再び海底に沈めます。その間もロブスターのサイズを1つ1つ計って、規定より小さなロブスターや卵を抱えている雌ロブスターは海に返します。ロブスターの爪にゴムバンドをつけたり、鯖などのえさを切ったり、少しも休むことなくとても忙しそうでした。

今日は青白いロブスターがとれました。やっぱりゆでると真っ赤になってしまうそうです。ゴムバンドの色がマッチしていて、なんだか格好いいロブスターでした。

IMG_6527